BOOKSTAND TOP >> BICYCLE >> CICLISSIMO No.41

CICLISSIMO No.41

Supervised by Yuzuru SUNADA 自転車ロードレース・マガジン
CICLISSIMO No.41
¥1,500(本体)
¥1,620(税込)
自転車ロードレースマガジン CICLISSIMO(チクリッシモ) 。No.41となる今号の大特集は「ツール・ド・フランス101回完全レポート」。前半ステージで、優勝候補のクリス・フルームとアルベルト・コンタドールが、落車による骨折でリタイヤする波乱の展開。第3の男、ヴィンチェンツォ・ニバリが区間で4勝し、2位に7分37秒の大差を付けて総合優勝。ブエルタ、ジロ、ツールのグランツール制覇を成し遂げました。我らが新城幸也は、チームプレーに徹してパリまで余裕の完走。新城が走った5回のツールを踏まえたレポート“5回目のツール経験 この先に確かな手ごたえ“を掲載。特集は「解剖! ツールでデビューしたチーム機材」、多くの2015年モデルがツールでお目見えしたモデルを詳細解説付きでたっぷり紹介します。今ツールを最も詳しくレポートしている雑誌、それがチクリッシモNO.41です。
10月後半に日本で開催される2大レース、ジャパンカップとツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの情報も載せました。
特別付録=ツール撮り下ろし 新城/マルセル・キッテル A2判両面刷りポスター。
〈A4ワイド版・148ページ〉

CONTENTS
▶特集 第101回 ツール・ド・フランス2014完全レポート
▶3大ツールを制覇! V・ニバリ シンプルさへの回帰
▶新城幸也5回目のツール経験
▶解剖! ツールでデビューしたチーム機材
▶特別付録 ツール撮り下ろし 新城幸也/マルセル・キッテルA2 判ポスター